デザインプロモーション研究室
デザインプロモーション研究室

デザインプロモーション研究室

暗黙知の形式知化 To convert Tacit knowledge into explicit knowledge

デザインプロモーションは広告デザインではありません。この研究室は主に開発の現場に焦点をあてています。例えば、開発の現場では突如として様々なアイデアが思いついたりします。そして人は、その能力を「センス」という言葉で片付けてしまうことが多いです。ですが、アイデアが出る・出ないは無意識的な職人の勘や考え方の技術など、様々な要因が関係しています。この研究室では、開発の現場に存在する様々な暗黙知を形式知化することで、開発能力アップに貢献することを目指しています。 Design Promotion is not an advertisement design. We mainly focuses on a project site and aim to facilitate projects. In particular, we focus on insights and tacit knowledge. Ideas always suddenly come up like as thunderbolt, and most of people calls its capability as "inspiration," but it depends on various factors: unconscious experiences, tacit knowledge, techniques. In our lab, we aim to improve productivity by making various tacit knowledge in a development situation into explicit knowledge.

メンバー
2021
M1

青木 絵美 / 有馬 悠弥 / 鏡味 沙里 / 加藤 菜々子 / 鈴木 渚 / 増渕 舞

U4

阿部 賀史 / 石賀 健人 / 金丸 日向子 / 齋藤 あかり / 酒井 健汰 / 渋谷 駿平 / 鈴木 大生 / 髙野 純那 / 針ヶ谷 優里 / 藤田 うらら / 前田 瑠 / 宮田 康平

2020
U4

有馬 悠弥 / 鏡味 沙里 / 加藤 菜々子 / 椛沢 夢 / 島倉 崚月 / 下田 茉奈 / 鈴木 渚 / 須藤 唯人 / 住谷 海斗 / 中村 萌 / 長原 史枝 / 増田 七海 / 増渕 舞

研究
卒業研究
2020
  • デザイン学研究の変遷と傾向に関する研究
  • 商業空間におけるフロアマップ作成ガイドラインの提案
  • 商品住宅における情報提示に関するガイドライン構築
  • ハウスメーカーにおけるUSP導出方法に関する研究
  • ユーザー思考にもとづいたガントチャート記述方法の提案
  • 「薬の飲み忘れ」に関する要因分析とピルケースのデザイン提案
  • シーンにもとづいたアイデア想起法の開発
  • デザイナーに期待する能力の変遷に関する概観と考察
  • 品質評価におけるバイアス効果の分析
  • 指輪形状が指の印象に及ぼす効果の分析
  • 魅力を感じやすい悪役の成立要件に関する研究
  • 業務改善の分析を目的とした業務フロー記述法に関する研究
  • デッサン描写時における視線遷移傾向の差分分析
外部資金研究
実施中
  • 顧客管理システム「Scoope」のBIツール設計と社内体質改善法の確立
  • 「お客様視点の営業手法構築」「営業行為に内在する暗黙知」に関する研究
  • ユーザーの深層欲求にもとづいたシンプルアプリケーション集の開発
完了分
  • 「Scoope」を活用した経営支援および百年つなぎの会に関する指導/技術指導/株式会社ネストハウス/2020年4月〜2021年3月
  • 業務フロー全般の効率化およびUSP/営業フロー手法に関する研究/共同研究/新産住拓株式会社/2020年3月〜2021年3月
  • 創造的思考の習熟能力差と知覚敏感性の関係性解明/科研費 基盤C/2018年4月〜2021年3月
  • ハローナビ就活「haloo NAVI」にまつわるビジネス構築ならびに改善に関する技術指導/技術指導/アイハーツ株式会社/2019年7月〜2020年6月
  • コーポレート・アイデンティティ策定に関する研究/共同研究/株式会社ミヤワキ建設/2019年8月〜2020年3月
  • 社内向けデザイン講座と設計ガイドラインの構築/技術指導/日置電機株式会社/2019年3月〜2019年12月
  • 住宅設計用社内グループウェアの最適仕様に関する研究/共同研究/株式会社リビングデザイン/2018年5月〜2019年3月
  • デザイン設計ガイドラインの構築/共同研究/日置電機株式会社/2018年4月〜2018年12月
  • 学生コンピテンシー診断ツールの開発/共同研究/アイハーツ株式会社/2017年11月〜2019年3月
  • デザイン開発におけるデプスインタビュー指導/技術指導/株式会社ニコン/2017年9月〜2017年10月
  • 地域産業振興における協働プロジェクト体制および開発プロセスのあり方/共同研究/株式会社プラスディー/2017年8月〜2018年3月
  • 住宅設計における設計者および一般向け検討ガイドライン構築/共同研究/新産住拓株式会社/2017年8月〜2018年3月
  • デザイン開発におけるレビュー方法/技術指導/愛知時計電機株式会社/2017年4月〜2017年10月
論文等
研究論文
  1. BRAIN ACTIVATION DURING SKETCH TASK FOR DESIGN IDEA GENERATION MEASURED BY NIRS, Journal of the Science of Design, 5(1), 1-8, 2021年5月
  2. Examination of Active Learning Methods in Large Lecture Classes, Yusuke Ashizawa, IEEE TALE 2020, 2020年12月
  3. 大規模講義科目における学生運営型授業に関する試行と考察, 蘆澤 雄亮, 工学教育 68(5), 33-38, 2020年9月
  4. 「コトつくり」と「ものつくり」の再定義, 蘆澤 雄亮, 櫻木 新, 横幹, 13(2), 123-131, 2019年10月
  5. Brain Activities of Idea Generation Types Using Sketch, Kato Takeo, Koike Jio, Ashizawa Yusuke, International Association of Societies of Design Research Conference 2019, 2019年9月2日
  6. Designing Active Learning Approach: Students' Satisfaction during a short-term international workshop, KONISHI Hisaka, NAGAO Toru, ASHIZAWA Yusuke, HATCHIMA Satoshi, International Association of Societies of Design Research Conference 2019, 2019年9月
  7. 企業デザインポリシーの策定および概念の考察 ‐策定プロセスと Cognitive Design の概念に関する考察, 蘆澤雄亮, 田中幸一, 仙田学, 鈴木俊介, 水出博司, デザイン学研究, 64(4), 29-38, 2018年3月
  8. デザイナーに期待する能力および職務実態に関する調査―産業デザイン分野スキルスタンダード策定に向けて, 蘆澤雄亮, 佐久間彩記, デザイン学研究, 62(6), 27-32, 2016年3月31日
  9. The success factor of Good Design Award as a promotion policy, Shiro AOKI, Mengfei LIU, Xiaolin LIUHE, Ying ZHONG, Yusuke ASHIZAWA, 5th International Congress of International Association of Societies of Design Research, 2013年8月29日
  10. Study on clarification of the design evaluation criteria, Ayaki Sakuma, Yusuke Ashizawa, Kenta Ono, Makoto Watanabe, 5th International Congress of International Association of Societies of Design Research, 2013年8月29日
  11. Study on factors that affecting Well-being, Yusuke Ashizawa, Ayaki Sakuma, Kenta Ono, Makoto Watanabe, 5th International Congress of International Association of Societies of Design Research, 2013年8月29日
  12. FASEモデルにおけるシミュレーション思考の特性評価―デザイン思考のクリエイティビティ(2), 蘆澤雄亮, 森行浩人, 小野健太, 渡辺誠, デザイン学研究, 56(3), 71-80, 2009年9月30日
  13. デザインプロセス理論によるFASEモデルの構築 : デザイン思考のクリエイティビティ(1), 蘆澤 雄亮, 森行 浩人, 小野 健太, 渡辺 誠, デザイン学研究, 56(3), 61-70, 2009年9月30日
口頭発表
  1. 知覚的敏感さと創造性が視覚探索課題中の脳血流量に与える影響, 日本デザイン学会, 第67回春季研究発表大会, 蘆澤 雄亮, 小山 慎一, 山澤 浩司, 2020年 6月
  2. 見立ての記譜法に基づく発想支援法の構築, 日本デザイン学会, 第67回春季研究発表大会, 雫石 華那, 内海 今日子, 八馬 智, 蘆澤 雄亮, 2020年 6月
  3. デザインプロセスにおけるモノとコトの関係性に関する考察, 日本デザイン学会, 日本機械学会, 精密工学会, 日本設計工学会, 日本建築学会, 人工知能学会, Designシンポジウム2019, 蘆澤 雄亮, 2019年11月
  4. 「デザイン奨励審議会・答申」にみる生活視点 行政によるデザインへの理解とその変遷, 芸術工学会, 2019年度秋期大会, 青木 史郎, 黒田 宏治, 蘆澤 雄亮, 余 剣, 2019年10月
  5. 香川大学と芝浦工業大学の大学生対流促進事業「うどん県すみます学生プロジェクト」の実践, 教育システム情報学会, 第44回教育システム情報学会全国大会, 長尾 敦史, 松永 貴輝, 神田 亮, 蘆澤 雄亮, 廣瀬 三平, 山澤 浩司, 古屋 繁, 八重樫 理人, 2019年 9月
  6. デザイン講義科目におけるアクティブラーニングの実践と考察, 日本デザイン学会, 第66回春季研究発表大会, 蘆澤 雄亮, 2019年 6月
  7. スケッチにおけるアイデア展開と脳活動の関係性解析, 日本デザイン学会, 第66回春季研究発表大会, 加藤 健郎, 小池 士大, 蘆澤 雄亮, 2019年 6月
  8. 「コトつくり」至宝事業の枠組みについての検討状況, 第8回横幹連合コンファレンス, 蘆澤 雄亮, 2017年12月
  9. 振興政策としてのグッドデザイン賞の成功要因(3), 芸術工学会, 2017 年度秋期大会, 青木 史郎,余 剣,蘆澤 雄亮, 2017年11月
  10. デザイン賞制度のあり方に関する考察(1), 日本デザイン学会, 第63回春季研究発表大会, 蘆澤 雄亮, 2016年 7月
  11. 車椅子の移乗時における使用者の負担を軽減する電動機構付き車椅子の提案, 日本デザイン学会, 第62回春季研究発表大会, 篠原 由樹,アルギルダス・パシュキャビチュウス,永瀬 彩子,蘆澤 雄亮,小野 健太,渡邉 誠, 2015年 6月
  12. 中小企業とデザイナーのマッチング事業モデルに関する研究, 芸術工学会, 平成26 年度秋期大会, 鈴木 紗栄,劉 夢非,蘆澤 雄亮,青木 史郎, 2014年11月
  13. インド・トゥムクル地方における農業ビジネルモデルの提案, 日本デザイン学会, 第61回春季研究発表大会, 渡邉 理恵,ブリジット・ブリジット,リーデル・バーンド,オローブ・マギー,クーン・テイラー,テクセイラ・カルロス,蘆澤 雄亮,小野 健太,渡邉 誠, 2014年 7月
  14. 幸福度に影響を与える因子に関する研究, 芸術工学会, 平成25 年度秋期大会, 蘆澤 雄亮,小野 健太, 2013年12月
  15. 振興政策としてのグッドデザイン賞の成功要因(2), 芸術工学会, 平成25 年度秋期大会, 青木 史郎,賀 暁琳,劉 夢非,蘆澤 雄亮, 2013年12月
  16. 振興政策としてのグッドデザイン賞の成功要因(1), 芸術工学会, 平成25 年度秋期大会, 青木 史郎,賀 暁琳,劉 夢非,蘆澤 雄亮, 2013年12月
  17. ユーザーリサーチを用いたデザインコンセプト創造に関する研究, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 廣瀬 優平,久米 寿明,小野 健太,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  18. 新しい金融サービスと効率的な銀行マーケティングのための銀行ATM 機器空間の提案, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 金 東珍,小野 健太,八馬 智,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  19. Internet home plant factory based on materialized social network, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 李 振鵬,小野 健太,八馬 智,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  20. The Investigation of the plant factory in Taiwan, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 李 夙曜,小野 健太,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  21. Study on Texture of Eco-material in Logo Design, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, アルギルダス・パシュキャビチュウス,小野 健太,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  22. A Study of the Mobile Music Service Design Process, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 王 時恵,小野 健太,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  23. コンバージェンスにおけるユーザーと製品間の関係と類型に関する研究, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 李 奎昊,蘆澤 雄亮,小野 健太,渡邉 誠, 2012年 6月
  24. Study on Retail Ready Packaging Principles, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, テピタック タティア,小野 健太,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  25. Study about Emphasis on Product Factor on Disability, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, アルキヨ エルマン,小野 健太,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  26. 屋上緑化における情報デザイン, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 賀 暁琳,リストヴスカ リディア,小林 匡輔,小野 健太,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  27. 料理教室における植物工場サービスの提案, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 高野 葉子,太田 耕介,エスラ レンチベル,奥村 優子,小野 健太,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  28. 千葉大学農産物直売所-「みらくる」におけるリノベーション・デザインの提案, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 齋藤 南,本山 拓人,小野 健太,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  29. 植物工場の普及に向けたブランディングデザインの提案, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 齋藤 南,本山 拓人,小野 健太,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  30. 園芸療法における新しい剪定バサミの提案, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 重田 りん,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2012年 6月
  31. 再利用が可能なショッピングバッグのデザイン提案, 日本デザイン学会, 第59回春季研究発表大会, 金 永彬,李 眞烈,蘆澤 雄亮,小原 康裕,小野 健太,八馬 智,渡邉 誠, 2012年 6月
  32. サービス申込フォームのデザイン・ガイドラインの研究 その2, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 佐々 牧雄,福山 恵理,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  33. サービス申込フォームのデザイン・ガイドラインの研究 その1, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 福山 恵理,佐々 牧雄,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  34. 金融機関のタッチポイント管理のための使用者経験の測定と金融サービスデザインへの活用方法, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 金 東珍,小野 健太,八馬 智,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  35. パーソナル動画の扱い方における類型とインタフェースに関する研究, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 李 奎昊,小野 健太,八馬 智,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  36. 導光板LED を用いた新しい照明器具についての提案, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 根本 慧,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  37. 子ども向け電子体温計の提案, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 奥村 優子,小原 康裕,小野 健太,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  38. 家庭向け植物工場のデザイン提案, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 李 奎昊,小野 健太,八馬 智,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  39. 清涼感を感じる男性用化粧水ボトルに関する研究, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 田中 俊,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  40. 国際ワークショップによるサービスデザインの取り組み2, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 高野 一樹,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  41. 国際ワークショップによるサービスデザインの取り組み1, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 吉川 修平,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  42. 棚機能を有するスーツケースの提案, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 太田 真由香,小野 健太,八馬 智,小原 康裕,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  43. ロゴ変更の要因と企業の状況に関する研究, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, パシュキャビチュウス アルギルダス,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  44. 市民農園における園芸療法のための農薬噴射器のデザイン提案, 日本デザイン学会, 第58回春季研究発表大会, 加藤 郁,小野 健太,小原 康裕,八馬 智,蘆澤 雄亮,渡邉 誠, 2011年 6月
  45. REBALANCE, インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター, TOKYO Design Discussion 2011, Yusuke Ashizawa , 2011年 1月
  46. 計劃整體介紹及未來商品開發的定位策略, Taiwan Design Center, A+ の創意, 蘆澤 雄亮, 2009年 7月
  47. 映像による作業情報の演出に関する研究, 日本デザイン学会, 第49回春季研究発表大会, 蘆澤 雄亮, 2002年11月
設計
  1. 学生の潜在能力に着目した可能性診断「ハローナビ就活・適職診断」簡易版, アイハーツ株式会社, 芝浦工業大学, ウェブサービス, 2020年9月
  2. 「すまいづくりのちょっとしたコツ」冊子, 新産住拓株式会社, 蘆澤 雄亮, 有馬悠弥, 椛沢夢, 増田七海, 企業リーフレット, 2019年10月
  3. ハウスメーカー用タイムライン型顧客管理システム「Scoope」, 株式会社ネストハウス, 芝浦工業大学, 株式会社タグバンガーズ, ウェブサービス, 2019年5月
  4. 日置電機株式会のデザインポリシー, 日置電機株式会社, 企業理念, 2018年12月
  5. 学生の潜在能力に着目した可能性診断・ポートフォリオ作成ツール「ハローナビ就活・適職診断」, アイハーツ株式会社, 芝浦工業大学, ウェブサービス, 2018年11月
  6. 住宅設計における開発レビュー用自己点検シート「セカンドオピニオン設計チェックシート」, 新産住拓株式会社, 芝浦工業大学, 設計標準, 2018年4月
  7. 商品住宅「fasta」のコンセプト再構築およびコピーライティング, 株式会社ネストハウス, 商品コンセプト, 2017年12月
  8. そなえるデザインプロジェクト展, 日本デザイン振興会, 展覧会設計, 2016年10月
  9. 2016年度グッドデザイン賞, 日本デザイン振興会, 事業の大規模改修, 2016年 4月
  10. グッドデザイン賞との制度連携によるアワード設立に関する仕様書, 日本デザイン振興会, 仕様および制度設計, 2016年 3月
  11. グッドデザイン・ベスト100 デザイナーズプレゼンテーション 2015, 日本デザイン振興会, イベント会場および運営設計, 2015年10月
  12. フォーカス・イシュー制度, 日本デザイン振興会, 制度設計, 2015年 4月
  13. 2015年度グッドデザイン賞, 日本デザイン振興会, 事業の大規模改修, 2015年 4月
  14. グッドデザイン賞ウェブサイト, 日本デザイン振興会, ウェブサイトの大規模改修, 2015年 4月
  15. グッドデザイン・ベスト100 デザイナーズプレゼンテーション 2014, 日本デザイン振興会, イベント会場および運営設計, 2014年10月
  16. 日本デザイン振興会およびインターナショナル・デザイン・リエゾンセンターの内装設計, 日本デザイン振興会, 内装の大規模改修, 2014年 4月
  17. 2014年度グッドデザイン賞, 日本デザイン振興会, 事業の大規模改修, 2014年 4月
  18. グッドデザイン賞審査の視点・審査委員チュートリアルブック, 日本デザイン振興会, 仕様および制度設計, 2014年 4月
  19. グッドデザイン・ベスト100 デザイナーズプレゼンテーション 2013, 日本デザイン振興会, イベント会場および運営設計, 2013年10月
  20. 東京ビジネスデザインアワード, 日本デザイン振興会, 事業および制度設計, 2012年 5月
  21. 「Design News」ウェブサイト, 日本デザイン振興会, ウェブサイト設計, 2011年 6月
  22. Design×Develop, 産業技術大学院大学,日本産業デザイン振興会,日本インダストリアルデザイナー協会,日本デザイン学会, 事業設計, 2011年 1月
  23. 2010年度グッドデザイン賞 表彰式・大賞選出, 日本産業デザイン振興会, イベント会場および運営設計, 2010年11月
  24. 産業デザイン分野東京版スキルスタンダード, 東京版スキルスタンダード運営委員会, 仕様および制度設計, 2010年 6月
  25. 「インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター」ウェブサイト, 日本産業デザイン振興会, ウェブサイトの大規模改修, 2010年 2月
  26. 2009年度グッドデザイン賞 表彰式・大賞選出, 日本産業デザイン振興会, イベント会場および運営設計, 2009年11月
  27. 2008年度グッドデザイン賞 表彰式・大賞選出, 日本産業デザイン振興会, イベント会場および運営設計, 2008年11月
  28. クリエイティブ能力開発研究会, 日本産業デザイン振興会, 事業設計, 2008年 6月
  29. 「インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター」ウェブサイト, 日本産業デザイン振興会, ウェブサイト設計, 2007年 3月
  30. 「KORG MR-1/MR-1000」のソフトウェアGUI, 株式会社コルグ, ソフトウェアのGUI設計, 2006年10月
  31. 携帯電話「SIMPURE L」のGUI設計, LG Electronics, Inc, 携帯電話のGUI設計, 2006年 4月
  32. USBメモリー「CandyStick シリーズ」のソフトウェアGUI, 株式会社バッファロー, USBメモリーのソフトウェアGUI大幅改修, 2005年 6月
出版等著作物/報告書等
  1. プロダクトデザイン[改訂版] 商品開発のための必須知識105(執筆担当:第3章), 株式会社BNN, JIDA「プロダクトデザイン」編集委員会, 2021年3月
  2. デザイン科学辞典(執筆担当:デルファイ調査法), 丸善出版, 日本デザイン学会, 2019年10月
  3. グッドデザイン賞の研究用データベースの概要とその利用, IIR WorkingPaper, 一橋大学イノベーション研究センター, WP#17-05, 1-32, 原 泰史, 吉岡(小林) 徹, 蘆澤 雄亮, 2017年 4月
  4. Designing The Good Life = Design of Volition, CATALYST, Pratt Institute, Issue 9, 65-71, Yusuke Ashizawa, 2011年 9月
  5. 「グローバルアジア・デザインスクール・プログラム」報告書, 平成22年度「アジア人財資金構想」高度専門留学生育成事業, 経済産業省, 千葉大学, 2011年 3月
  6. 東京版スキルスタンダードガイドライン, 東京スキルスタンダード運営委員会, 東京スキルスタンダード運営委員会, 2010年 6月
  7. グローバルアジア・デザインスクール・プログラム : 平成21年度アジア人財資金構想事業高度専門留学生育成事業 : 平成21年度成果報告書, 経済産業省, 千葉大学, 2010年 3月
  8. グローバルアジア・デザインスクール・プログラム : 平成20年度アジア人財資金構想事業高度専門留学生育成事業 : 平成20年度成果報告書, 経済産業省, 千葉大学, 2009年 3月
  9. デザインの進化と突然変異, 金沢工業大学, Back Up, No.28, 44-45, 2009年3月
  10. デザインの国際的な人材育成拠点, 科学技術振興機構, 産学官連携ジャーナル, 11号, 17-20, 蘆澤 雄亮, 2008年11月
受賞・メディア掲載等
受賞(教員)
  1. 第6回木村賞, 横断型基幹科学技術研究団体連合, 2018年4月
  2. 第十回アイリス生活用品デザインコンクール(生活用品特別賞), アイリスオオヤマ株式会社, 2002年5月
受賞(学生)
  1. 青木絵美, グッドプレゼンテーション賞, ライフスタイルの変化にシンクロする広場のあり方, 日本デザイン学会第68回春季研究発表大会, 2021年6月
  2. 有馬悠弥, グッドプレゼンテーション賞, デザイン学研究の変遷と傾向に関する研究, 日本デザイン学会第68回春季研究発表大会, 2021年6月
  3. 鈴木渚, グッドプレゼンテーション賞, シーンに基づいたアイデア想起法の開発, 日本デザイン学会第68回春季研究発表大会, 2021年6月
  4. Team 1(稲葉 理紗, 加藤 菜々子, 大沼 包実, 松本 達也, 塩田 一平), 学生プロポジション 優秀賞, 日本デザイン学会 秋季企画大会, 2020年10月
  5. Team 2(原 絵里子, 増渕 舞, 源田 恵里, 崔 壮, 西山 凜太郎), 学生プロポジション 優秀賞, 日本デザイン学会 秋季企画大会, 2020年10月
  6. Team 6(小松 裕奈, Irene Debora Meilisa Sitompul, 須藤 唯人, タン コウテツ), 学生プロポジション 優秀賞, 日本デザイン学会 秋季企画大会, 2020年10月
メディア掲載
  1. https://www.shibaura-it.ac.jp/news/nid00001239.html (オンライン面接では分からない学生の適職タイプを、二択の質問で診断/2020.9.17)
  2. https://www.shibaura-it.ac.jp/news/nid00000513.html (「すまいづくりのちょっとしたコツ」冊子を 学生・企業・教員が協同で制作/2019.10.16)
  3. https://www.s-housing.jp/archives/171429 (新産住拓が全住宅に セカンド・オピニオン適用/2019.7.22)
  4. https://www.shibaura-it.ac.jp/news/nid00000062.html (「ハウスメーカー向けタイムライン型顧客管理システム」を開発/2019.5.13)
  5. https://www.shibaura-it.ac.jp/news/nid00000355.html (本学教員が、学生の潜在能力に着目した「可能性診断・ポートフォリオ作成ツール」を共同開発/2018.11.28)
講演・委員等
講演
  1. いま、工務店に必要な体質改善とは?, チカラボ・オープンキャンパス Vol.3, 新建ハウジング, 2021年03月
  2. リーダーシップとマネジメント~デザインの観点から考える2つの「違いと共通点」, 芝浦工業大学オンライン公開講座, 芝浦工業大学, 2020年12月
  3. しくみのデザイン, 港区☓芝浦工業大学 オープンイノベーション創出セミナー2020, 港区, 2020年11月
  4. コトづくりとマーケティング ーデザインの観点から考えるマーケティングの話ー, 芝浦工業大学公開講座, 芝浦工業大学, 2019年12月
  5. デザインの話, 愛知県豊田市立猿投中学校, 2019年3月
  6. デザインのアレコレ, 東京都立工芸高校, 2019年2月
  7. デザインのアレコレ, 北鎌倉女子学園中学校•高等学校, 2017年12月
委員
  1. 副理事長、ミュージアム委員会委員長、総務委員会委員長, 日本インダストリアルデザイン協会, 2021年6月〜現在
  2. 理事, 日本デザイン学会, 2020年6月〜現在
  3. 職能委員会委員, 日本インダストリアルデザイン協会, 2018年6月〜現在
  4. JIDAデザインミュージアムセレクション審査委員, 日本インダストリアルデザイン協会, 2017年9月〜現在
  5. 江東ブランド認定審査委員, 江東区, 2017年8月〜現在(2019年度より審査委員長)
  6. ビジョン委員会委員, 日本インダストリアルデザイン協会, 2018年6月〜2019年5月
  7. 特設理事、研究推進委員会委員会、広報委員会委員, 日本デザイン学会, 2018年6月〜2020年5月
  8. 論文審査委員会幹事, 日本デザイン学会, 2014年6月〜2018年5月
  9. 教育・資格委員会幹事, 日本デザイン学会, 2012年6月〜2014年5月
  10. 平成 22 年度「大学発デザインの産学連携及びその保護の取り組みに関する研究」オブザーバー, 特許庁, 2010年10月〜2011年3月
  11. 平成 22 年度産学連携による実践型人材育成事業「専門人材の基盤的教育推進プログラム」実証調査・システム構築部会委員, 文部科学省, 2010年8月〜2011年3月
  12. 平成 19 年度アジア人財資金構想 高度専門留学生育成事業「グローバルアジア・デザインスクール・プログラム」プログラム開発担当, 経済産業省・文部科学省, 2008年4月〜2011年3月
お問合せ先

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14 芝浦工業大学芝浦キャンパス401-2 芝浦工業大学デザイン工学部 准教授 蘆澤雄亮(あしざわ ゆうすけ) ashizawa [at] shibaura-it.ac.jp [at] → @

📑
研究成果のおすそ分け

Reserch Mapはこちら